テーブル行をレコードとして取得する

概要

テーブル行を取得して、レコードのように操作できるようにします。

使い方

ユーザーがレコード編集画面、詳細画面等で開いているレコードのテーブルから、各行を取り出します。 取り出した行は、他の「やること」でレコードと同じように使うことができます。

例えば「レコードを書き出す」で他のアプリへ書き出したり、 「レコードから重複を除去する」で重複行を除去して 更に他の「やること」へつなぐことができます。

設定するパラメーター

「テーブル」「空の行を取得するかどうか」を設定します。

テーブル

どのテーブルから取得するか、テーブルを選択します。

空の行を取得するかどうか

「空の行は取得しない」を選択すると、テーブル行が空の行は取得しません。

ここで「空の行」とは「全ての列(フィールド)がすべて空、未選択の状態」を言います。 フィールドに初期値が設定されている場合、その初期値が入ったままの状態だと、空とはみなされませんので注意してください。 また、ラジオボタンのように、未選択にすることができないフィールドが入っていると、空にはできませんので、必ず書き出されます。

使用例