Job Runner

PDFを出力する

概要

テンプレートファイルとレコードデータをもとに PDF ファイルを生成・出力します。

使い方

事前にいくつかの準備が必要です。

gusukuのAPIキーが必要になります。この APIキーは kintone アプリの APIトークンとは異なります。gusuku の APIキーは gusuku 共通管理画面から発行・取得することができます。

テンプレートファイルを準備します。テンプレートファイルの作成方法については、Excel/PDF出力テンプレート リファレンスマニュアルのページをご覧ください。

また、テンプレートを保存するためのkintoneアプリも必要です。作成したアプリに添付ファイルフィールドを設置し、このフィールドに1テンプレートにつき1レコードになるようにレコードを作成しておきます。

Customineのカスタマイズでは、適用するテンプレートを保存したレコードと、出力するデータとなるレコードを選択するようなカスタマイズを作成します。

最後に、カスタマイズ内に「PDFを出力する」を設置し、テンプレートや出力レコードなどをパラメーターとして設定します。

生成されたPDFファイルはkintoneへアップロードされた状態になります。「レコードを追加する」などのフィールドマッピングで、「=$1」等として「PDFを出力する」の結果をセットすることで添付ファイルフィールドにセットすることができます。

設定するパラメーター

「gusuku APIキー」「データアプリ」「データレコード」「テンプレートレコード」「ファイル名」を設定します。

gusuku APIキー

gusuku の APIキーを指定します。

kintone アプリの APIトークンのことではありませんので注意してください。

データレコード

出力したいデータとなるレコードを選択します。

テンプレートレコード

テンプレートファイルの入ったレコードを選択します。

選択したレコードが実行時に1行もなかった場合はエラーになります。

テンプレートフィールド

テンプレートファイルの入った「テンプレートレコード」内の添付ファイルフィールドを選択します。

添付ファイルフィールドのみ選択可能です。テーブル内のフィールドは選択できません。

添付ファイルフィールド内にファイルが1つも添付されていない場合は、実行時にエラーになります。

添付ファイルのファイル拡張子が .xlsx である必要があります。それ以外の拡張子のファイルだった場合は、実行時にエラーになります。

ファイル名

ファイル名を入力します。

ダウンロード時の初期ファイル名や、添付ファイルフィールドのファイル名になります。

使用例