カスタマイズ

文字数をチェックする

概要

フィールドの文字数をチェックします。

使い方

kintone の「文字列(1行)」自身にある文字数チェックとほぼ同様です。ただし、kintone 標準の文字数チェックは、厳密には「文字」数ではなく、絵文字等一部の文字を2文字とカウントします。「文字数をチェックする」では絵文字なども1文字とカウントします。

kintone 標準のチェックと違い、条件と組み合わせることで、より複雑なチェックが可能になります。

設定するパラメーター

「フィールド」「最小値」「最大値」「エラーメッセージ」を設定します。

フィールド

どのフィールドをチェックするかを選択します。

複数のフィールドを選択すると、それらすべてのフィールドを個々にチェックします。

以下のフィールドタイプが選択できます。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • リンク

テーブル内のフィールドを指定した場合、特別な場合(*1)を除き、テーブル内のすべての行がチェックされます。

(*1) 条件側で、「フィールドの値を編集して値が変わった時」のように、テーブル行を限定するように条件が入っている場合は、対象の行だけチェックされます。

文字列(複数行)の場合、改行コードも1文字とカウントされます。

リッチエディターは特に注意を要します。リッチエディターのデータは、内部では HTML 形式で表現されています。「文字数をチェックする」では HTML のタグ部分は文字数としてカウントしません。HTML 内でコード表現されている文字はその文字1文字ではなく、コード部分全体が文字数になります。例えば、HTML では「&」で「&」1文字を表しますが、「文字数をチェックする」では「&」を5文字とカウントします。

最小値

フィールドの長さ最小値を入力します。

最大値

フィールドの長さ最大値を入力します。

エラーメッセージ

エラーがあった場合に表示するエラーメッセージを入力します。

krewSheet 対応状況

以下の「条件」時のみ対応しています。

2つ以上のエラーを同時にセットすることはできません。後からセットしたエラーの方が krewSheet に表示されます。

制限事項

選択できるフィールドは次の種類のいずれかに限られます。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • リンク

使用例