Job Runner

フィールドの選択を追加する

概要

複数の選択肢を選択できるタイプのフィールドで、選択を追加します。

使い方

例えばフィールドがチェックボックスで、アプリの設定で「朝食」「昼食」「夕食」「夜食」という4つの選択肢が設定されていたとします。「値」に「朝食」をセットすると、アクションを実行したときに「朝食」がセットされた状態になります。この時、もともと選択されていたものは選択が維持されます。例えば「夜食」が選択された状態で、「朝食」をセットすると、「朝食」と「夜食」の2つが選択された状態になります。

フィールドに値をセットする」で同様のことをしようとした場合、もともと選択していた「夜食」の選択は解除されて、「朝食」のみがセットされた状態になります。

この「やること」をセットしたアクションを実行してフィールド値が元の値から変更される場合、レコードの保存が予約されます。変更されたレコードはすぐには保存されず、ジョブ内の全アクションが終了した後に自動的に保存されます。変更されたレコードを別のタイミングで保存したい場合は「値が変更されているレコードを保存する」を使用します。

自動保存時に「レコード」のアプリに対してレコード編集権限を持った API トークンが必要になります。別のアクションで「kintone 接続設定を行う」を行い、API トークンを設定しておいてください。

設定するパラメーター

「レコード」「フィールド」「値」を設定します。

レコード

処理対象となるレコードを取得したアクションを選択します。

複数行のレコードが含まれる場合、それぞれのレコードに対して処理されます。レコードが1行もない場合は何も行われません。

フィールド

セット先のフィールドを選択します。

選択できるフィールドは以下のタイプです。

  • チェックボックス
  • 複数選択
  • ユーザー選択
  • 組織選択
  • グループ選択

テーブル内のフィールドは選択できません。

選択する値を指定します。

以下のような式を使用して、複数の値を選択することも可能です。

=["朝食", "昼食"]

フィールドがユーザー選択の場合は、ログイン名を指定します。表示名ではありません。

グループ選択、組織選択の場合、グループコード、組織コードを指定します。

注意事項

  • 選択肢を追加するという意味ではありません。
    • 例えばアプリの設定でチェックボックスに設定されている選択肢が「A」「B」という2種類だった場合、このアクションで「C」を追加しようとした場合、選択肢が「A」「B」「C」に増えるという意味ではありません。このような操作をしようとした場合、エラーになります。