指定のレコードを表示したレコード一覧画面に遷移する

概要

指定アプリのレコード一覧画面へ遷移します。更に、その一覧画面で渡されたレコードの一覧を表示します。

使い方

一覧画面に特定のレコードのみを表示したい場合に使用します。

設定するパラメーター

「遷移先アプリ」「一覧の名前」「タブ」「レコード」を指定します。

遷移先アプリ

遷移先アプリを指定します。

省略時はカスタマイズ対象のアプリとなります。

一覧の名前

遷移先の一覧画面で、作成済みの一覧が複数ある場合に、どの一覧を表示するのかを一覧の名前で入力します。

省略時は一番上の一覧で表示されます。

ここで指定した名前が kintone アプリの設定内に存在しない場合、実行時に「一覧が見つかりません」エラーになります。

(すべて)や(作業者が自分)のように自動的に作成される一覧には対応していません。

タブ

同じタブ上で移動するか、新しいタブを開くかを選択します。

レコード

一覧画面で表示したいレコードを指定します。このレコードの数が一覧画面のページに表示されます。

ここで指定するレコードは、「遷移先アプリ」と同じアプリのレコードである必要があります。異なるアプリのレコードを指定した場合、カスタマイズ画面から「kintoneアプリへ登録」する際にエラーになります。

レコードが0行だった場合、「レコードがないため画面遷移できません。」とエラー表示され、画面遷移は行われません。

レコード数が一覧の表示件数を超える場合は複数ページに分かれての表示になります。

一覧の設定に絞り込み条件が設定されている場合、その条件に関わらず、渡したレコードが表示されます。渡したレコードが一覧の絞り込み条件に合致しないものであっても表示されます。一方、一覧のソート条件は適用されます。

krewSheet 対応状況

対応しています。

注意事項

画面遷移により「一覧画面を表示した時」が起こります。「指定のレコードを表示したレコード一覧画面に遷移する」を「一覧画面を表示した時」条件と組み合わせたい場合、追加の条件を上手に組みわせないと、画面遷移が繰り返し実行されて止まらない、という状況が発生してしまう可能性があります。このような設定は注意深く行ってください。

制限事項

  • スマートフォン版画面には対応していません。

  • アクションを実行してから実際にブラウザー上で画面遷移が行われるまで、やや間(タイムラグ)が生じます。

  • PC版・スマートフォン版相互の行き来はできません。

  • 「別タブで開く」設定の場合、ユーザーのブラウザーの設定でポップアップブロックが有効になっていると、カスタマイズからタブを開く操作がブロックされてしまいます。この場合、ブラウザーの設定でポップアップを許可するか、「同じタブで開く」を使用してください。

  • 「一覧の名前」を指定する際、(すべて)や(作業者が自分)のように自動的に作成される一覧には対応していません。

  • 「レコード」に含まれるレコード数が非常に多いと、画面遷移時にエラーが発生します。目安として、多くとも数百件以内に収めるようにしてください。