アプリアクションのボタンを隠す

概要

レコード詳細画面に表示されるアプリアクションボタンを非表示にします。

※ ここで言う「アクション」は Customine のアクションではなく kintone 標準のアプリアクションです。プロセス管理のアクションでもありません。

使い方

設定するパラメーター

「アクションの名前」を設定します。

アクションの名前

非表示にしたいアプリアクションの名前を指定します。

複数のアプリアクション名を一度に指定することができます。複数指定したい場合は、1行につき1つアプリアクションの名前を入力します。

式を用いたい場合、「=式」は使用できません。代わりに「${式}」を用いてください。(式の記述方法

制限事項

  • 非表示にしたアプリアクションボタンを再度表示する「やること」はありません。

  • 非表示後も若干透明の幅が残ります。

  • プロセス管理のアクションボタンは非表示にできません。