カスタマイズ

グループ(ロール)に所属するユーザーを取得する

概要

グループ選択フィールドで選択されているグループに所属するユーザーを取得します。

使い方

このアクションを実行すると、グループ選択フィールドで選択されているグループに所属するユーザーのリストがアクションの結果として保存されます。

グループ選択フィールドで複数のグループが選択されている場合は、それらすべての所属ユーザーがまとめて取得されます。同じユーザーが複数のグループに所属している場合、重複は除去されますので、結果のリスト内に含まれるそのユーザーは1つとなります。

結果データの構造は Cybozu のドキュメント に記載されている user型のリストになります。

例えば、1人目のユーザーの表示名を取りたい場合は次のようにします。

= $1[0].name

取得したグループを「フィールドに値をセットする」やフィールドマッピングでユーザー選択フィールドへセットしたい場合は、以下のようにします。

= $1

設定するパラメーター

「グループ選択フィールド」「セット先フィールド(省略可)」を指定します。

グループ選択フィールド

グループが選択されているフィールドを指定します。

選択可能なフィールドタイプはグループ選択フィールドのみです。

テーブル内のフィールドを選択した場合、各行に対して取得が行われます。ただしこの場合、アクションの結果を $1 のような式で参照しようとした場合、どの行の結果が返るか不定になります。テーブル内の各行に対して処理を行いたい場合は、「セット先フィールド」を指定してください。

このフィールドでグループが一つも選択されていなかった場合、エラーにはならず、空の配列が結果になります。

セット先フィールド(省略可)

取得したユーザーを他のフィールドにセットする場合に指定します。直接フィールドにはセットせず、結果を別のアクションで使用したい場合は、省略できます。

選択可能なフィールドタイプは以下の通りです。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • ユーザー選択

テーブル内フィールドを指定する場合、「グループ選択フィールド」も同じテーブル内のフィールドを選択しておく必要があります。

セット先をユーザー選択フィールドにした場合、現在選択されている他のユーザーはクリアされたうえで、取得したグループのメンバーがユーザー選択フィールドにセットされた状態になります。

セット先を文字列(1行)等にした場合、ユーザーの表示名をカンマ区切りで並べたものがセットされます。

制限事項

  • 「セット先フィールド」が指定されている場合、以下のいずれかの画面で使用できます。それ以外の画面で使用すると、アプリ実行時にエラーになります。「セット先フィールド」を省略している場合はこれ以外の画面、例えばレコード詳細画面でも使用することができます。
    • レコード追加画面
      • 任意のタイミングで使用可能
    • レコード編集画面
      • 任意のタイミングで使用可能
    • PCのレコード一覧画面インライン編集モード(鉛筆アイコンを押して編集モードになった状態)
      • 「レコードを保存する直前」時のみ使用可能