ステータスを変更する(現在のレコード)

概要

現在のレコードに指定されたステータス変更アクションを実行します。

使い方

設定するパラメーター

「ステータス変更アクション」「作業者フィールド」を設定します。

ステータス変更アクション

アプリに設定したステータス変更アクション名を入力してください。
(変更後のステータスではなく、アクション名を入力する必要があります)

作業者(フィールドから)

作業者(直接指定)

変更後のステータスに作業者の設定が必要な場合は、「作業者(フィールドから)」「作業者(直接指定)」のいずれかで作業者を指定します。

「作業者(フィールドから)」では現在のレコードのフィールドから作業者を選択します。選択可能なフィールドタイプは以下の通りです。

  • ユーザー選択
  • 作成者
  • 更新者

フィールドではなく直接ユーザーのログイン名で指定したい場合は、「作業者(直接指定)」にそのユーザーのログイン名を入力します。式を使用することもできます。

作業者パラメーターに複数のユーザーが設定されている場合は、その一人目のユーザーが作業者に登録されます。

「作業者(フィールドから)」と「作業者(直接指定)」の両方のパラメーターがセットされている場合は、「作業者(フィールドから)」が優先され、「作業者(直接指定)」の指定は無視されます。

制限事項

  • 対象のレコードについてレコードIDが決まっている必要があります。レコード追加画面でレコードが保存前の状態の場合、レコードIDが決まっていないため「ステータスを変更する(現在のレコード)」を実行するとエラーになります。

  • 作業者を直接指定することはできません。アプリにユーザー選択フィールドを用意して、そこに作業者として設定したいユーザーを登録してください。作業者フィールドに複数のユーザーが設定されている場合は一人目のユーザーが作業者に登録されます。または、レコードの作成者、更新者を作業者に指定することも可能です。

  • 条件「プロセス管理のアクションを実行した時」に対して「ステータスを変更する(現在のレコード)」を行うことはできません。kintone 上で実行する際にエラーが発生します。

使用例