レコードの一覧をポップアップで表示する

概要

レコードの一覧をポップアップで表示します。

表示した一覧の中から、ラジオボタンやチェックボックスでユーザーがレコードを選択することも可能です。

使い方

アクションが実行されると、レコードの一覧を表示するダイアログがポップアップで表示されます。

ユーザーがレコードを選択し、OK ボタンを押すと、アクションの実行完了となり、アクションの結果として選択したレコードがセットされます。

ユーザーが選択したレコードは、例えば「レコード中のフィールド平均値を計算する」のようにレコードを受け取るアクションに渡すことができます。

設定するパラメーター

「レコード」「表示するフィールド」「選択方法」「メッセージ入力」「OKボタンの名前」「キャンセルボタンの名前」「テーブルの幅(ピクセル)」を設定します。

レコード

一覧に表示するレコードを取得したアクションを指定します。

レコードの並び順を指定したい場合は「レコードを並べ替える」でレコードを並べ替え、 このパラメーターに「レコードを並べ替える」をセットしたアクションをセットしてください。

表示するフィールド

一覧に表示するフィールドを指定します。

選択方法

ユーザーがレコードを選択する方法を指定します。

ラジオボタンで1レコードだけ選択するか、チェックボックスで複数レコード選択するか、あるいは選択自体できないようにするか、が選べます。

メッセージ入力

ダイアログのメッセージ部分に表示するテキストを入力します。

情報ダイアログを表示する」などではリッチエディターで入力できますが、 この「やること」では普通のテキストしか入力できません。

また、「情報ダイアログを表示する」などでは必須ですが、 この「やること」では省略可能です。

OKボタンの名前

OKボタンに表示するラベルを変更したい場合、このパラメーターを変更します。

キャンセルボタンの名前

キャンセルボタンに表示するラベルを変更したい場合、このパラメーターを変更します。

テーブルの幅(ピクセル)

テーブルの幅をピクセル単位で指定します。省略すると、幅は自動で決まります。

その他の注意点

ユーザーがダイアログの「OK」または「キャンセル」を押して、ダイアログを閉じた時にアクション完了になります。 ダイアログを表示した段階ではアクション完了になりません。

「キャンセル」を押した場合でもアクション完了になります。

他のアクションの実行が完了した時」でこのアクションの完了を待つ場合、上記に注意してください。

「キャンセル」した場合は無視して、「OK」の場合だけ次のアクションへ進みたい場合、 「他のアクションの実行が完了した時」ではなく 「確認・入力ダイアログで「OK」を押した時」条件を使用してください。

上級者向け情報

表示されるテーブルには css クラス名がつきます。

  • テーブルそのものに customine-record-table
  • 各セルに、フィールドタイプ(例)SINGLE_LINE_TEXT
  • 各セルに、フィールドコード(例)数値_1

これを利用して、アプリに css ファイルを登録すれば、表示スタイルをカスタマイズすることができます。

制限事項

  • 表示するフィールドの順序は変更できません。

  • すでにほかのダイアログが開いていて、ユーザーがそのダイアログをまだ閉じていない状態の時に「レコードの一覧をポップアップで表示する」を実行した場合、すでに開いているダイアログの方が優先され、後から実行した「レコードの一覧をポップアップで表示する」は無視されます。

使用例