入力ダイアログを表示する

概要

図のようなダイアログを表示します。 主にユーザーに短いテキストの入力を求める場面で使用します。

入力ダイアログ

使い方

アクションが実行されると、入力ダイアログが表示されます。

ユーザーがテキストを入力し、OK ボタンを押すと、アクションの実行完了となり、アクションの結果として入力したテキストがセットされます。

ユーザーが入力したテキストを取り出す際は、式を利用します。

例えば入力ダイアログを表示するアクションが1番だった場合、「フィールドに値をセットする」の「値」パラメーターなどで

=$1

のように指定すると、入力内容を取り出すことができます。

設定するパラメーター

「メッセージ入力」「OKボタンの名前」「キャンセルボタンの名前」「空を許可するかどうか」を設定します。

メッセージ入力

ダイアログのメッセージ部分に表示するテキストを入力します。

OKボタンの名前

OKボタンに表示するラベルを変更したい場合、このパラメーターを変更します。

キャンセルボタンの名前

キャンセルボタンに表示するラベルを変更したい場合、このパラメーターを変更します。

空を許可するかどうか

「空のままOKを許可する」を選ぶと、入力が空の状態でも「OK」ボタンが押せるようになります。

「空の場合OKを押せなくする」を選んだ場合、入力内容が空の間は「OK」ボタンを押せなくします。

その他の注意点

ユーザーがダイアログの「OK」または「キャンセル」を押して、ダイアログを閉じた時にアクション完了になります。 ダイアログを表示した段階ではアクション完了になりません。

「キャンセル」を押した場合でもアクション完了になります。

他のアクションの実行が完了した時」でこのアクションの完了を待つ場合、上記に注意してください。

「キャンセル」した場合は無視して、「OK」の場合だけ次のアクションへ進みたい場合、 「他のアクションの実行が完了した時」ではなく 「確認・入力ダイアログで「OK」を押した時」条件を使用してください。

制限事項

  • すでにほかのダイアログが開いていて、ユーザーがそのダイアログをまだ閉じていない状態の時に「入力ダイアログを表示する」を実行した場合、すでに開いているダイアログの方が優先され、後から実行した「入力ダイアログを表示する」は無視されます。この場合、「入力ダイアログを表示する」の結果はキャンセル扱いになります。