ラベルをメニュー位置に追加する(旧)

概要

指定の場所(メニュー位置)にラベルを配置します。

追加したラベルにテキストをセットする(旧)と組み合わせることで、 状況に応じて画面に表示するテキストを変更することができます。

非推奨

こちらは古いバージョンになるので、新しいバージョンをご使用ください。

使い方

設定するパラメーター

「名前」「場所」「表示するテキスト」を設定します。

名前

ラベルを識別する名前をつけます。この名前は kintone の画面には表示されません。 追加したラベルにテキストをセットで、どのラベルにセットするかを指定するときに使います。

場所

ラベルを置く場所を選択します。

  • レコード詳細メニューの上側 … レコード詳細画面や編集画面の、下図の位置に表示します。

レコード詳細画面の上側

  • 一覧画面メニューの右側 … レコード一覧画面の、下図の位置に表示します。

一覧画面メニューの右側

  • 一覧画面メニューの下側 … レコード一覧画面の、下図の位置に表示します。

一覧画面メニューの下側

表示するテキスト

画面に表示するテキストを指定します。

HTMLタグを使用して、文字を装飾することが可能です。

制限事項

「レコード詳細画面の上側」は一覧画面では使えません。

「一覧画面メニューの右側」「一覧画面メニューの下側」は一覧画面以外では使えません。

スマートフォン版アプリでは「一覧画面メニューの下側」のみ対応しています。