コラボフローの接続設定を行う

概要

コラボフローに接続するための設定を行います。

使い方

事前にコラボフローの「システム管理エリア」⇒「環境設定」の「REST API」欄で API キーを発行します。手順の詳細はコラボフローのサイトをご覧ください。これは Customine ではなくコラボフローの画面での設定になります。

この「やること」では接続設定を行うだけで、実際の接続はまだ行いません。「コラボフロー文書を作成する」のように実際にコラボフロー文書の操作をおこなう「やること」で、「接続設定」のパラメーターに「コラボフローの接続設定を行う」をセットしたアクションを指定することになります。

設定するパラメーター

「APIエンドポイント」「APIキー」「接続時ユーザー」「接続先アプリコード」「Basic認証ユーザー名」「Basic認証パスワード」を設定します。

APIエンドポイント

コラボフローの「システム管理エリア」⇒「環境設定」の「REST API」欄に「APIエンドポイント」が表示されていますので、この内容をそのまま記載します。

APIキー

事前にコラボフロー側で発行しておいた APIキーを設定します。

コラボフローの「システム管理エリア」⇒「環境設定」の「REST API」欄の「クライアント一覧」で確認できます。「クライアント一覧」に何も表示されていない、あるいは Customine 用の API キーがない場合は、新たに発行してください。API キー発行手順の詳細はコラボフローのサイトをご覧ください。これは Customine ではなくコラボフローの画面での設定になります。

接続時ユーザー

どのユーザーでコラボフローに接続するかを指定します。

ここで指定するのはコラボフローのユーザーIDです。kintone のユーザーや Customine のユーザーではありません。

コラボフローのユーザーIDと kintone ユーザーのログイン名が同じになるように運用している場合は、「ログインユーザーを取得する」で取得した kintone ユーザーのログイン名を指定することで、kintone のログインユーザーでコラボフローに接続することができます。コラボフローのユーザーIDと kintone ユーザーのログイン名が異なっている場合は、「ログインユーザーを取得する」で取得したユーザーでコラボフローに接続することはできません。

接続先アプリコード

コラボフローのアプリコードを指定します。ここでいうアプリは kintone のアプリではなく、コラボフローの「ワークフローアプリ」のことです。

アプリコードは、コラボフローの「システム管理エリア」⇒「アプリ管理」で確認することができます。詳細はコラボフローサイトをご覧ください。

Basic認証ユーザー名

コラボフロー側の環境設定でBasic認証を有効にしている場合、Basic認証ユーザー名を指定します。コラボフローでBasic認証を有効にしていない場合は、空にします。

Basic認証パスワード

コラボフロー側の環境設定でBasic認証を有効にしている場合、Basic認証パスワードを指定します。コラボフローでBasic認証を有効にしていない場合は、空にします。