テーブル内の日付範囲に重なりがないかチェックする

概要

テーブル内の日付範囲が、各行の間で重なっていないかどうかをチェックし、重なりがあればエラーを表示します。

使い方

テーブルに開始日と終了日を表す日付フィールドがあり、その日付範囲が、テーブルの各行の間で重なっていればエラーとします。

エラーがある場合、開始日、終了日のフィールド両方に表示されます。

ある行の終了日と別の行の開始日が同日の場合、これは「重なっていない」とみなされます。

時刻も込みで重なりをチェックしたい場合は、「テーブル内の時間範囲に重なりがないかチェックする」を用いてください。

設定するパラメーター

「開始日」「終了日」「エラーメッセージ」を設定します。

開始日

開始日を表している日付フィールドを選択します。テーブル内にあるフィールドしか選択できません。

選択可能なフィールドタイプは以下の通りです。

  • 日付

終了日

終了日を表しているフィールドを選択します。テーブル内にあるフィールドしか選択できません。

選択可能なフィールドタイプは以下の通りです。

  • 日付

エラーメッセージ

エラーがあった場合に表示するエラーメッセージを入力します。

注意事項

開始日が終了日よりも未来になっているような場合、正常な重なり判定が行われません。

krewSheet 対応状況

対応していません。

制限事項

1つのテーブル内でのチェックのみが可能です。複数のテーブルをまたいでのチェックはできません。