フィールドマッピングの記述方法

概要

「フィールドマッピング」は、「レコードを追加する」や「テーブル行を別アプリのレコードへ書き出す」のように、レコードの書き出しを行う「やること」で、書き出すレコードの内容を定義するパラメーターです。

フィールドマッピングの記述方法

フィールドマッピング

図のような画面がポップアップします。

右辺側が書き出すレコードのフィールドを表します。表示されているフィールドは、値をセット可能なものに限られています。「レコード番号」のように、値をセットできないフィールドは表示されません。

「セットする値」にセットしたい値を記述します。

セットする値

固定値、または式でセットする値を記述します。

「f」ボタンを押すと現在カスタマイズしているアプリのフィールドを選択でき、フィールドを参照する式が入力されます。

「a」ボタンを押すと他のアクションを選択でき、アクションの結果値を参照する式が入力されます。

式は手で入力することもできます。

例)

  • 固定の文字列を入力する場合は「”」で囲ってください。

    ="西暦2018年"
    
  • フィールドを参照する場合は、フィールドコードを指定します。

    = 文字列_1行_1
    = 数値_2
    
  • ユーザー選択フィールド、グループ選択フィールド、組織選択フィールドを参照する場合、.code をつけることでコードを、.name で表示名を参照することができます。これらのフィールドは複数選択が可能ですが複数選択されている場合で、マッピングのセット先が文字列だった場合は、カンマで区切られます。

    = ユーザー選択_1.name
    = 組織選択_1.code
    
  • 他アクションの結果を使用する場合は「$アクション番号」や「$アクション番号.フィールドコード」で参照できます。

    = $1
    = $2.文字列_1行_1
    
  • 文字を結合する場合は「&」でつなぎます。

    = "西暦" & $1.数値 & "年"
    
  • 計算結果を登録する場合は演算子を使用します。

    = (数値_1 * 数値_2) * 180 / 3.1416
    
  • today()やnow()、format()関数を使用することも可能です。

    = format(today(), 'M月D日')
    
  • チェックボックスや複数選択フィールドで、複数の値を選択する場合は、[] を使用します。

    = ['sample1', 'sample2']
    
  • 添付ファイルをセットしたい場合、「添付ファイルをコピーする」をセットしたアクションを用いて、「$アクション番号」で指定します。

    = $1
    

空白をセットしたい場合

「セットする値」欄を空にすると、空の値を出力するのではなく、そのフィールドを出力しません。例えば「レコードを更新する」で使う場合、元のフィールドを空白に置き換えるのではなく、元のフィールドの値を維持するという意味になります。

これに対し、空白をセットしたい場合は、「セットする値」を以下のように指定してください。

=""

制限事項

以下のフィールドは、値を登録できません。

  • レコード番号など、もともと値を変更できないタイプのフィールド
  • 添付ファイル
  • ステータス
  • カテゴリー
  • テーブル